menu open
  • 2018/11/01

    理想の家具に近づくなら、造作家具

    5-1

    住まいの満足度と完成度。この両方を少しでも高めるためにも、造作家具を取り入れてみましょう。欲しかった家具が手に入り、理想の住環境に近づけます。「カフェのようなキッチンにしたい」。そんな願いも実現してくれるのが、造作家具です。

    造作家具のメリット
    本棚や洋服ダンス、キッチンボードにカウンター。インテリア製品を職人さんの手によって一から造り上げる造作家具には、既製品では得られないさまざまなメリットがあります。たとえば既成の本棚。「夫婦そろって本が好きだから大きめの本棚が欲しい」と思ってビッグサイズをセレクトしても、限界があります。だからといって窮屈になるほど本棚を用意するわけにはいきません。
    オーダーに合わせて寸法を決める方法であれば、壁の右端から左端まで本で埋めるスペースとして活用できます。ご家族の思いやあこがれ、願いをそのままかたちにできる素敵なアプローチです。
    もう少しコンパクトにまとめようと思えば、キッチンスペースとダイニングとの間に取り付ける「収納付きカウンター」でもよいかもしれません。本棚としても使えるうえ、生活用品や調度品の収納にも利用できます。機能性の向上とともに、個性あるインテリアに仕上がり、住まいの幅も広がるでしょう。
    「趣味を楽しむ家にしたい」「プライベート空間を大事にしたい」「いつも家族の存在を身近に感じられるようにしたい」など、住む人にとってのテーマがあります。自由にアレンジして思い描いたインテリアに近づけたい方ほど、造作家具はおすすめです。

    オーダー家具の種類
    オーダーに合わせて造る家具の活躍の場は、住宅だけとは限りません。小中学校などの教育施設や、高齢者が住まうハートフル施設など、さまざまなシーンで活用されています。一般的な施設における家具のオーダーでは、施設の状況や使用者の特徴、ニーズに合わせられるよう細かく対応します。
    たとえば、小中学校向けに提供する生徒用ロッカー。使うのは成長期真っ只中の子どもたちということを考えれば、木の温もりを感じさせる天然木などが最適です。天然素材にはシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの化学物質を含みません。きめ細やかな対応が可能な造作家具だからこそ、大勢の人が満足できる施設環境の形成をサポートできるのです。

    まとめ
    住まいの可能性を引き出す造作家具には、さまざまなメリットがあります。インテリアの雰囲気を家具ひとつで整えたくても、既成製品ではなかなかかなえられません。オーダーを聞き入れて一から設計図を描く手法だからこそ、高い要求にも応えられるのです。

    / EN
    close
    / EN
    close