menu open
  • 2018/09/11

    造作家具のメリット

    modern living room

    家具のデザイン選びから配置を考えた設計まで、さまざまな注文に応えられる造作家具。その魅力は、最初から家づくりに参加できることと合わせ、自由度が高くイメージどおりの住まい設計が可能なところにあります。家に対してこだわりを持つ方には、造作家具がおすすめです。今回は、一からオーダーメードで家具を製作することのメリットをお伝えします。

    寸法や設置場所など、イメージどおりに創作できる

    「キッチンまでの動線を確保しながら、この場所にカウンターを設置しよう」「インテリア全体の視認性も考えて、キッチンボードは○○㎝までにしよう」・・・。どんな家具を望むかは、住まいによって変化するでしょう。そんなひとつ一つの願いや希望にできるだけ応えてくれるのが、造作家具の大きなメリットです。
    住まい環境に合わせた製作が可能なため、高さやほかの家具との位置関係もジャストサイズを実現します。既成家具の場合、微妙な大きさの違いでプランどおりに進まないこともままあります。設置場所に合うサイズの家具をひとつ一つ探すのも大変な作業です。思い描いたイメージにピッタリの家具をリビングやキッチンにそろえたいと思ったら、造作家具によるアプローチがおすすめです。

    室内のテイストに合わせられる

    インテリアの印象は、内壁のデザインや家具の素材・カラーなどによって決まります。どこかひとつのパーツでもイメージと違う色調が加わったら、違和感しか残らないでしょう。既存家具でまとめるとなった場合、そのあたりが壁となります。
    その点、造作家具は最初からインテリアのテイストに合わせて製作するため、まとまりのある空間設計が可能。施主のアイデアも、企画段階から反映させることができ、理想の住まいに一歩でも近づけます。一緒に家づくりを楽しめる体験も、造作家具ならではの魅力です。

    地震対策としても有効

    住まいの安全性を考えるうえで、地震対策は大きなテーマです。家具を買いそろえた後に固定金具などでひとつ一つ補強するのは大変な作業ですが、造作家具であれば、すでに補強済みの完成された家に住み始めることができます。
    作り付けのオリジナル戸棚も、補強用の金具でしっかりと固定。本棚や食器棚などの大型家具は、倒れたら大きな被害をもたらすだけに、根元からしっかり補強する対策が欠かせません。
    防災意識の高まりから、昨今は室内家具向けの防災金具が多く売り出されています。地震はどの地域で発生してもおかしくないため、家の設計段階で対策として取り入れることが大切です。

    まとめ

    「自由度の高い設計」「インテリアデザインの統一」「安心の補強対策」など、さまざまなメリットがある造作家具。「これだけは譲れない」というこだわりがある方は、作り付けの家具でインテリアをまとめてみてはいかがでしょうか。手作り感があって、個性豊かな住まいが手に入ります。

    / EN
    close
    / EN
    close