menu open
  • 2018/10/09

    防火ドアの種類

    1-1

    防火ドアは、単に「燃えにくいドア」というわけではありません。「20分の耐火性能」あるいは「1時間以上の耐火性能」というように、科学的な検証にもとづいて定義されます。建築基準法によるところの防火ドアは「防火設備としての防火ドア」と「特定防火設備としての防火ドア」の2種類。それぞれの特徴と違いについてご説明します。

    防火設備と特定防火設備
    「防火設備タイプ」と「特定防火設備タイプ」に分けられる防火ドアは、それぞれに応じてクリアすべき基準が設けられています。

    ・防火設備タイプの防火ドア
    建築基準法では「乙種防火戸」と呼ばれる防火ドアで、通常火災における火炎を20分間シャットアウトする性能を持ちます。耐火性能を有効にするには、建築物外壁の開口部に取り付ける必要があります。
    主に使用される材料により、鉄製、鉄骨・鉄筋コンクリート製、網入りガラス、骨組みに防火塗料を塗布した木材製などに分類されます。ちなみに、通常のガラスは火炎に対して脆弱性が求められるといわれます。

    ・特定防火設備タイプの防火扉
    建築基準法の「旧甲種防火戸」に該当する防火ドアです。火災発生から1時間以上火炎の貫通を防ぐだけの耐火性能を持ちます。設置対象は防火区画全般で、防火区域に建物を建てる際はその開口部に設置が義務付けられます。防火設備タイプより認定基準が厳格で、特殊な構造を持つドアしか認められません。
    特定防火設備と呼べる防火ドアは「常時閉鎖型」と「随時閉鎖型」の2種類のみ。前者は、手動よる開閉以外は常に閉鎖される状態で、ドアを開いた手が離れると自動的に閉まる構造。後者のタイプには火災感知機能が付いており、火炎に反応すると自動的に扉が閉まります。

    より厳しい基準をクリアしたのが、特定防火設備
    防火ドアは建築基準法に沿って製造され、なおかつ国土交通大臣から認定を受けたものです。性能を証明するための耐火試験を行い、耐火性能や遮炎性能を評価、基準を満たすと認定証の交付を受けられます。より過酷な耐火試験で性能を高く評価されるのが、特定防火設備タイプの防火ドアです。
    たとえば、「ABE KOGYO」がハイグレードマンション向けに開発した、高さ2700㎜のスーパーハイドア。60分間の遮炎試験では、試験体を2セット用意し、表面と裏面の耐火性能を確認。炉内の最高温度1000度という環境下、燃焼に耐えうる性能を示しました。

    まとめ
    防火ドアの役割は、燃え広がりを防いで住居を守ることにあります。耐火性能をより高めたタイプが特定防火設備としての防火ドアです。素材は鉄、鉄骨コンクリートなどで、なかには木製のものもあります。同じ防火ドアでも、素材や機能性、用途の幅広さなども考慮してお選びください。

    / EN
    close
    / EN
    close