menu open
  • 2019/01/18

    防音ドアで「静かな部屋」を実現

    1-1

    せめてプライベートルームでは、周りを気にせず大きな声で話したいものです。とはいえ騒音トラブルも気になります。そんなとき、防音ドアを設置するだけで静かな環境が作り出せます。テレビをみながら思いっきり笑っても、外まで音が聞こえず安心です。今回は、防音ドアが静かな部屋を実現する仕組みとともに、和室に防音機能を持たせるための工夫をご紹介します。

    防音ドアの遮音性
    防音ドアの役割のひとつが、遮音効果です。室外に音を漏らさないため、生活音に神経をとがらせる必要もありません。

    <遮音性を高める素材とは>
    遮音のために選ばれる素材は、一般的に重い材料や密閉性の高い材料です。これらの素材には音の流れを遮る性質があるため、外部への音漏れ防止に役立ちます。具体的には、石膏を主成分に用いた石膏ボードがよく知られています。
    ただし、遮音だけでは室内に音が響きます。音の反響防止には、音を吸い込む吸音性も欠かせません。両方の性能が組み合わさると防音効果は高まり、室内で騒がしくしても周りに迷惑をかけず自分自身もうるさく感じなくて済むのです。

    <防音ドアは空気音の遮音が得意>
    音は、大まかに空気音と振動音の2種類に分かれます。空気音とは、声のように空気中を伝わる音です。振動音は、トイレの排水音や二階の足音など物が振動すると伝わる音を指します。
    防音ドアは、とくに空気音の遮音に効果的です。通常、壁とのすき間をなくすためドアの周りにパッキンを取り付けるケースが少なくありません。さらにドアをしっかりロックする形状のハンドルを装備すると、防音機能は向上します。

    和室の防音も可能
    障子で仕切られる和室にも、音漏れを防ぐ方法が用いられます。

    <障子を防音仕様に変える>
    障子を防音仕様に変えれば、和室でも防音が可能です。たとえば、障子に防音シートを張るという選択肢があります。ある程度の厚みがあり金属やガラス繊維も含んでいると、より高い効果を見込めます。
    同時に、すき間をふさぐ作業も大切です。障子同士だけでなく、天井や壁、さらに床との間にも遮音テープを貼ります。開閉音が気になるときは、溝に専用テープを貼るかロウを塗って滑りをよくすると効果的です。

    <二重サッシを活用する>
    外との仕切りには、二重サッシという選択肢があります。これは、もともと断熱を目的とした窓の一種ですが、ガラスが二重構造のため防音効果も十分に期待できるわけです。
    デザインは、部屋の雰囲気に合わせていろいろ選べます。和室であれば、和紙調のガラスに縦横の組子をつけると雰囲気を壊さずに済むでしょう。あくまでガラス戸ですので、障子の張り替えといった面倒もありません。

    まとめ
    一般住宅でもドアひとつを工夫するだけで、騒音に強い部屋を実現できます。周りへの過剰な遠慮も必要なく、映画や楽器演奏などを楽しめるでしょう。最近は、洋室だけでなく和室の防音も難しくありません。阿部興業でも防音ドアを取り扱っておりますので、お部屋の防音対策でお悩みの場合はぜひ弊社までご相談ください。

    / EN
    close
    / EN
    close