menu open
  • 2019/11/25

    造作家具でキッチンを背面収納に

    4

    キッチンを対面式に、食器棚はキッチンボードではなく背面収納に。そんな、主婦たちの間にある高いニーズに応えてくれる最適の方法が、造作家具です。今回は、背面収納型キッチンを造作家具で整えるメリット、及び業者に依頼する場合のポイントについてご説明します。

    背面収納なら造作家具がおすすめ

    「子どもたちの様子をみながら料理ができるといい」
    「開放感があって通気性もすぐれたキッチンにしたい」

    そんな望みを叶えてくれる対面キッチンは、背面収納とのセットがおすすめです。注文住宅、あるいは住居のリノベーションなどで思い切ってキッチン周りを模様替えするなら、自由度高く設計できる造作家具が最適でしょう。
    キッチンとダイニングを結ぶカウンター。デザイン・色・素材・棚の数も自由にアレンジできます。背面収納の壁とおそろいにしてもよいですし、異なる配色にして雰囲気を味わい深く演出するデザインでもよいでしょう。どんな空間にしたいか想像しながら設計を考えられるところも、造作家具ならではのだいご味です。

    背面に造作棚を設けるなら、中身をオープンにすることも可能です。あえて戸棚を付けず食器具や家電品を見せるような設計も、キッチンをオシャレに仕上げる人気のスタイルです。収納したいものの数や調和性、素材感なども検討して、あなた好みのキッチンを完成させましょう。

    背面収納で気を付けたいこと
    いざ背面収納に造り替えようとなったとき、どのようなキッチンにしたいのか、業者さんに具体的に伝えることが大切です。そのためにも、アイディアや日ごろの不満、解決したい悩みなどをリストアップしてみましょう。業者さんとのコミュニケーションが円滑に進むだけでなく、新しい暮らしのシミュレーションもしやすくなります。

    たとえば、キッチン家電の配置。炊飯器やトースター、電子レンジなどいろいろな種類があるかと思いますが、どのような配置であれば使いやすいキッチンになるか? 配置の仕方により、必要な収納スペースの広さや見た目の印象も異なります。造り付けの棚を別個用意する必要性も生じるかもしれません。そのように具体的にイメージし、検討も加えていくことで、背面収納の設計プランが円滑に進みます。

    「収納スペースの広さがどれくらいで、配置もどのようにすればよいか分からない」という場合でも、現在の悩みやこうあってほしいという願望を書き出してみましょう。造作家具の専門業者はキッチン造作や背面収納のプロですので、よりよい解決プランを提案してくれるはずです。

    まとめ
    キッチンをより使いやすく、オシャレに見せたいのなら、造作家具がおすすめです。主婦の間で大人気の背面収納も、造り付けの戸棚やカウンターを設けることですっきりまとまります。

    ABE KOGYOでは、造作家具に関するさまざまなプランをご用意しております。リフォームでキッチンやリビングを大胆に造り替えるご計画があれば、お気軽にご相談ください。理想の住まいに近づくためのお手伝いをさせていただきます。

    【関連商品】
    造作家具
    https://www.abekogyo.co.jp/products/order/

    / EN
    close
    / EN
    close