menu open
  • 2019/05/24

    キッチン周りの家具もオーダーで

    3-1

    キッチンスペースの使い勝手を大きく左右するのが、キッチンのデザインと家具。自分好みにこだわるなら、造作家具が適しています。とはいえ、どんなものを注文すればよいか迷う人も少なくないでしょう。そこで今回は、キッチンづくりで多くのメリットがあるおすすめのデザインや家具をご紹介します。

    リビングをすっきり見わたせるオープンキッチン
    オープンキッチンとは、仕切りの壁やカウンターがなく調理スペースからリビングまで全体がひと続きになったキッチンです。

    <仕切りがないので部屋全体が開放的>「
    オープンキッチンではキッチンを区分けする仕切りが不要になるため、その分リビング・ダイニングの間取りに余裕が生まれます。台所からリビングを見渡せるので、部屋全体がとても開放的に感じられるところが大きな特徴です。仕切りのないキッチンなら、料理中でもリビングでくつろぐ家族と会話を交わすことができるのでコミュニケーションを取りやすく、非常に魅力的です。

    <オープンキッチンの種類と特徴>
    オープンキッチンは、大きく「アイランド型」と「ペニンシュラ型」に分かれます。アイランド型は、「アイランド(島)」のようにキッチン部分が室内に独立するスタイルです。壁に接しないため、家族がキッチンを囲んで会話できます。ペニンシュラ型はキッチンの片側が壁に接し、「ペニンシュラ(半島)」のようなデザインになっています。できるだけ壁側を活用したい場合は、こちらのほうが便利です。

    食器も手早く出し入れできるカップボード
    オープンキッチンにおいて、収納力を高めデザイン性も損なわないアイテムがオーダーメイドのカップボード(食器棚)です。

    <食器整理に欠かせないカップボード>
    美味しい食事を味わった後は、のんびりくつろぎたいところ。そんな時見た目や衛生面を考えるとキッチンはきれいにしておく必要があり、使用した食器類はきちんと片付けるのが理想です。そんな面倒な作業を楽にしてくれるのが、食器を手早く出し入れできるカップボードです。使い勝手のよいカップボードがキッチンに備わっていれば、食器の整理にも苦労しません。

    <造作家具ならジャストサイズ>
    カップボードをオーダーメイドすれば、お望み通りの注文でキッチンスペースに合わせジャストサイズに設計できるので、動線の確保も難しくありません。料理をテーブルに並べるときや後片付けの際、食器を運びやすくなります。素材にこだわれば、キッチン全体のコーディネイトも自分好みに仕上げられます。楽しく過ごせるキッチンを手に入れるなら、カップボードは造作家具がおすすめです。

    まとめ
    調理から食器の出し入れまで楽にするためにも、キッチン周りの利便性確保が欠かせません。同時に、収納力の高さと動線の確保も大切。キッチンを設計する際には、理想のキッチン空間を可能にするオーダーメイド家具がおすすめです。

    【関連商品】
    オーダー家具
    https://www.abekogyo.co.jp/products/order/

    / EN
    close
    / EN
    close