menu open
  • 2021/03/18

    住まいに「和」がある空間の魅力

    4

    昨今、純和風住宅は高温多湿の日本に適した建築スタイルとして多くの注目を集めています。和の建具や組子デザインは、洋風建築の住まいに和モダンを実現します。今回は住まいに「和」がある空間の魅力をご紹介しますので、部屋の雰囲気を和風に演出したいときなどに参考にしてください。
    和風建具は、使い方次第で洋室にもなじむアイテムです。上手に取り入れれば、和洋折衷スタイルや和モダンなインテリアとして活用できます。

    仕切りの建具は和洋折衷
    洋風建築の住まいに和室をつくる場合、仕切りには和洋折衷の建具を採用すると違和感がありません。
    和洋折衷の建具とは、洋室側が洋風なデザインで和室側は和風な襖や障子になっているスタイルです。これなら、どちらの部屋もそれぞれの室内空間がもたらす雰囲気を損なわずに済みます。
    また出入りするときには、表と裏で異なるデザインを楽しめるでしょう。

    組子デザインで和モダンを実現
    洋室の仕切りでも、建具に組子デザインを施すと和モダンな印象を与えるのに効果的です。
    最近は、洋室にも使えるアルミ製の障子がいろいろ登場しています。和風な室内空間を演出する場合、障子は組子模様で飾る方法があります。和モダンを実現するなら派手にする必要はなく、シンプルな格子目のデザインで十分です。
    組子模様のある建具を洋室に置けば、和風テイストのインテリアとしても魅力を発揮してくれるでしょう。

    / EN
    close
    / EN
    close