menu open
  • 2019/09/06

    組子に使用される木材について

    1-1

    和室にやすらぎと美をもたらす建具として愛される組子。日本が誇る伝統建具に使用されるのは、山地で育った天然木です。今回は、組子に仕様される木材の特徴やメリットをご紹介します。

    天然の高級木材を使用
    組子は、美しいデザイン性に定評のある建具です。素材も、その格調高さに合う杉や檜、ヒバなどの天然木が使用されます。

    木材

    組子は工法によってさまざまな形状・デザインを生み出すことができます。木材の性質を見極めつつ、工法や種類にもっともふさわしい素材が選ばれます。組子の持ち味を引き出すうえで重要な木目の質感、なめらかさはもちろん、色味や耐久性なども考慮。装飾用としてふさわしい「曲げ組子」には、曲線に組む製法を加味し、檜やヒバ、スプルースなどの曲がりやすい素材が用いられます。

    天然木が持つさまざまな魅力
    組子をはじめ、さまざまな建具に使用される天然木。落ち着きある和室空間には色や香り、手触りや質感などの観点からもっともふさわしい素材を選んで使います。
    樹木には、リフレッシュ効果を高める揮発性物質「フィトンチッド」をつくり出す力があり、室内を森林浴の爽快感で満たしてくれます。また高い吸湿性は夏の湿気と気温を和らげ、天然のエアコンといっていいくらいの調湿機能を発揮します。
    杉や檜に含まれるテルペン酸には、乱れがちな自律神経のバランスを適度に保つ作用があります。なおかつ抗菌・抗カビ作用も発揮。和室にいるとなぜか和むのは、やすらぎをもたらす木材に囲まれているからでしょう。
    これら豊か性能を持つ天然木を素材に、高度な技術を持つ職人たちが精緻に組み上げ、芸術的な建具作品として完成させます。

    まとめ
    高い気品と美しいデザイン性を誇る組子。日本の伝統建築の象徴ともいえる建具は、杉や檜、青森ヒバなどの天然木から生み出されます。ABE KOGYOでは、匠たちが手がけた組子を多数取りそろえ、やすらぎある空間作りのお手伝いをさせていただきます。

    【関連商品】
    組子
    https://www.abekogyo.co.jp/products/japanese/%e7%b5%84%e5%ad%90/

    / EN
    close
    / EN
    close