menu open
  • 2020/11/20

    造作家具|絶妙な納まりと統一感と機能美の家具

    2

    空いたスペースにキッチリと納まって、インテリアの色調にもフィット。それでいて収納上手。サイズやデザイン、収納ケースの数をお部屋や場所の状況に合わせて決められる造作家具にはたくさんのメリットがあります。今回は、造作家具のメリットを3つのポイントにまとめてお伝えします。

    絶妙な納まり感
    造作家具はサイズも思い通り。自由に寸法を決められます。壁や天井に合わせてすき間にピッタリの家具をつくるところは、既成家具ではなかなか見られず、オーダーメイドならではのメリットです。玄関のシューズクロークや、リビングのキッチンボード、本棚などは室内の状況に合わせてきれいにまとめることができます。
    このように自由度の高い設計は、限られたスペースを利活用する“省スペース”目的のアプローチで効果を発揮します。家具を置く余地があまりないオフィスやお部屋といった、場所の制約がある状況でも、オーダーメイドであればスペースの幅に合わせてジャストサイズが可能。このように、スペースを生かす使い方ができるところも大きな魅力です。
    インテリアに自然と溶け込むデザイン
    インテリアには、“カラー”というものがあります。白を基調とするお部屋、モノトーンスタイルのダイニングキッチン、ナチュラルカラーでまとめた寝室など、インテリア全体のデザインを見ると、どんなコンセプトで設計されたのかがわかります。家具も、インテリアの色調を損ねない色・デザイン・素材にすることが大切です。
    造作家具はデザインも自分好みに決められるので、インテリアのカラーに合わせることも難しくありません。和モダン、北欧風、モノトーン、さまざまなコンセプトに対応できます。合わせるどころか、インテリアの雰囲気をさらに高めることも可能です。

    収納性の最大化で引き締まる空間
    「造作家具は収納上手」などといわれるように、抜群の収納力を発揮させてお部屋をスッキリまとめられるところにオーダー家具の大きな魅力があります。
    造作家具では壁面収納も簡単。何かと用具や家電製品の多いキッチンではとくに壁面収納のニーズが高く、そんなときこそ高さや幅、奥行きを自由に設計できる造作家具の出番です。対応スペースは幅広く、天井付近のデッドスペースの活用も問題なし。キッチン周りがスッキリして動きやすくなり、家事のストレス軽減にも役立つのではないでしょうか。

    まとめ
    インテリアの優等生ともいうべき造作家具にはたくさんのメリットがあります。「空いたスペースにキッチリと納まるようにしたい」「インテリアのカラーに合う家具がなかなか見つからない」「背面収納のリビングボードが欲しい」こんなときはぜひ造作家具を検討してみてください。

    / EN
    close
    / EN
    close