menu open

製品情報

和建具

障子

仕切りの美学と機能を、バリエーション豊かに楽しめる障子は、日本が世界に誇るインテリアです。

木独特の温もりと、和紙が透かす優雅な光は誰しもが懐かしさにも似た落ち着きを感じる空間を作り上げます。

種類

  • 立茂無地障子
    荒関に比べ、縦に多く割り込んだ組子によるデザインは先進的なイメージ。
  • 升組障子
    同じデザインの硝子戸同様に、和洋どちらにもマッチするモダン障子。
  • 腰付横組障子
    横に多めに入った組子が腰板とのバランスを保ち重さを感じさせない障子。
  • 横茂袖吹寄障子
    吹寄せを左右にも散らすことでデザインセンスが光る変形組子障子。
  • 障子書院風
    八角面桐之葉帯腰角麻之葉
    書院障子の組子構図を用いた繊細で美しい障子。
  • 変り組子障子<あやめ型>
    曲げ組子による変形デザイン組子障子。
  • 腰組子入肘掛障子
    腰部にだけ組子を多く割り込むことでモダンな印象を作る障子。
  • 掛け障子<大荒>
    茶室などの窓に、上の框を折釘に引っ掛けて用いる。
  • 地窓障子 霞組子
    煙抜きに多く見られる霞の模様が組まれた霞障子。
  • Pスクリーン「大荒」
    上と下の障子がスライドできる換気機能に優れた障子。
  • Pスクリーン「四季」
    上下のスライドばかりでなく、中央のケンドン部から四季の彩りを楽しむことができる。
  • Pスクリーン「自在」
    小障子がそれぞれ独立してスライドが可能なスクリーン障子。
  • Pスクリーン「無双」
    一度の操作で換気スペースができる連子窓の無双を応用したスライド組子。
  • 四季障子<大荒>
    四季の移り変わりに合わせて小障子の入替えができる四季障子。
  • 萩戸<青海波入>
    高度な技術を要する青海波をあしらい、萩を使った高級夏用障子。
  • 竹ひご戸<腰板透かし>
    葦の代わりに竹ひごを用いた夏用障子は見た目にも涼やかで美しい印象を与える。
  • よし戸<帯二重菱>
    夏の強い日差しを和らげ、心地よい風を導きいれる葦を使った夏用障子。
  • 東京猫間障子
    一般的には上げ下げする小障子を左右にも引き分ける特殊な猫間障子。
  • 腰付額入障子
    ケンドンを入れずに額だけで硝子をはめ込むシンプルな額入障子。
  • Pスクリーン「変形障子・猫間障子」
    4枚建てで構成される特殊な変形組子による障子の組合せ。
  • 吹寄横茂腰付猫間障子(エテ面取付子付)
    高度な技術が求められる組子にエテ面を取った高級仕様。
  • あやめ猫間障子
    名のように柔らかな印象を与える、曲げ組子の技法を用いたデザイン障子。
  • (仏壇)欄間:松皮菱/
    障子:一重香図腰香玉
    荘厳な彫刻や組子、香玉を配した先祖を祭る祭壇の仏壇扉。
  • (仏壇)欄間:吊筬/
    障子:立茂腰香玉
  • (仏壇)欄間:唐草透かし/
    障子:立茂腰香玉
  • (書院)欄間:吊筬/
    障子:扇面
    組子細工の枠を結集した構図が映える書院窓に入る障子。
  • (書院)欄間:八角霧/
    障子:八角くずし段帯
  • よし戸Ⅰ型(焼き杉うずくり)
  • よし戸Ⅱ型(黒竹に格子)
  • よし戸Ⅲ型(杉板)
  • 組子欄間(長水入)
  • 組子欄間(三組手組分)

Webカタログ

  • データダウンロード

    他の製品を見る
    / EN
    close
    / EN
    close